地下アイドルがグループに感じる不満を聞き出す方法

先日Twitterで、地下アイドルの方が

 

「アイドルって本当に短命。だから会える時間を

大切にしてね」というような

ツイートをしているのを目にしました。

 

確かに、昨日まで笑顔で活動していた

アイドルが次の日に運営ブログで脱退する

なんてことはよくあります。

 

ですが

アイドル側がこれを言ってしまったことに

「すぐやめる気でいるのかな…」と

少し違和感を覚えてしまいました。

 

自分の推しているアイドルが

すぐ辞めてしまうのでは

モチベーションも下がってしまいますよね…

 

もちろん

アイドルにも色々な事情があるので

この発言を否定するつもりはありません。

 

すぐに辞めてしまうタイプの子と

そうでない子を見分ける事ができれば

安心して推すことができますし

 

辞めそうな「サイン」を読み取り

推しの不満を聞き出せれば

繋がるチャンスを掴むことができます。

 

今回は

 

地下アイドルの不満を聞き出す方法

なぜすぐに辞めていく地下アイドルが多いのか?

 

について考えていこうと思います。

 

一番多い理由は

 

人間関係の悩み

 

でしょう。

 

どこの職場にも当てはまる理由ですが

地下アイドル業界はグループの上下関係も

厳しい所が多いですよね。

 

メンバー間のいじめや

運営のブラックさに耐えかね

辞めていくパターンです。

 

次に多いのは

 

理想と現実のギャップ

 

です。

 

これはAKBやももクロのような

メジャーのグループが好きで夢を持って

入った子が陥るパターンです。

 

今はヲタクよりアイドルが多い時代なので

かわいい子でも単推しのヲタがなかなかつかず

「頑張っているのに成果が出ない」

と諦めてしまいます。

 

これは結果をすぐに出さないといけないとか

失敗してはいけないと教え込む

学校教育の弊害でもあります。

 

最後は

 

アイドルとしての賞味期限

 

が上げられます。

 

残酷な話ですが

男性が魅力を感じる女性の年齢は

一般的に15~25才とされています。

 

アイドルは女性のかわいさ、美しさを

売りにする商売ですので

この時期を過ぎたメンバーは

必然的に運営から卒業を勧告されたり

 

自分から将来のことを考えて辞めていきます。

 

また、学生メンバーが学校の卒業と同時に

アイドルも卒業する場合もあります。

 

最後の年齢的な問題以外の理由って

外部からはわかりづらいですよね?

 

ですが、推しに

 

「ある質問」

 

をすると、推しメンが

所属しているグループの活動を

どう思っているのか知ることができます。

 

その質問とは…

 

 

 

「〇〇って、このグループの活動に

何%満足してるの?」

 

です。

 

この質問をすると

大体の子は60%~80%と答えます。

 

具体的に数字で表現できるので

わかりやすいですし

「満足」というポジティブな言葉を

使っているので気軽に聞くことができます。

 

そして、あなたは

 

「60%~80%は満足しているんだね。

じゃあ、残りの足りない部分って

何が足りてないの?」

 

と聞いてあげてください。

 

ヲタクの悩みや愚痴を聞くことはあっても

自分の悩みを聞こうとするヲタクは

まずいないので

この質問をすれば

 

間違いなく推しから頼られます。

 

悩みを聞くことで

向こうからDMが来て繋がった

というケースもありますので

効果バツグンの質問です。

 

ぜひ

「〇〇って、このグループの活動に

何%満足してるの?」

 

と推しの満足度を聞いてみてください。

 

本日のベッド・インエクササイズ

1.

推しの満足度を聞いてみてください

2.

このブログを読んだ感想や質問、気づいたことを

聞かせてください。

 

以上の2点を下にあるコメント欄に書き込み

私に送信して下さい。

皆さんからのメッセージお待ちしております。

 

ついに、無料メールマガジンで

ブログでは書けない

業界を激震させる過激内容満載

 

地下アイドル繋がり完全攻略マニュアル

メルマガ登録者限定で配布開始!

 

既に数多くの方が登録されています。

募集終了間近ですので

ご希望の方は

今すぐメルマガ登録を済ませて下さい。

(登録後、受付完了のページが表示されたらOKです)

 

皆さんからのメッセージお待ちしております。

 

それでは、次回のブログでお会いしましょう。

あなたの成功や幸せを心から願っています。

 

最後までお読み下さり

本当にありがとうございました。


コメントはこちらから

F